スケジュール

11月3日(土祝)  JR北広島北広島駅西口    午後1時30分~
11月 9日(金)   JR北広島北広島駅西口     午後1時30分~
11月19日(月)  JR北広島北広島駅西口     午後1時30分~

「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名」 署名宣伝活動(11月)

今年1月、安倍首相は「今年こそ、憲法のあるべき姿を国民にしっかり提示し、憲法改正に向けた議論を一層深める」と語り、3月の自民党大会では「憲法にしっかりと自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」「いよいよ結党以来の課題である憲法改正に取り組むときが来た」と9条改憲の意思をしっかりと表明を示しました。自民党総裁選においては「憲法9条に自衛隊を明記」する自民党の改憲案を、臨時国会に提出することを再三にわたり発言しました。そして、10月24日から始まった臨時国会の所信表明演説では改憲論議の進展に強い執念を示しました。

安倍首相は、憲法尊重・擁護義務(憲法99条)をかなぐり捨て、立憲主義を否定する姿勢を前面に出し続けています。何よりも、改ざん・隠ぺい・虚偽答弁・文書廃棄という日本の歴史に類を見ない悪行の限りを尽くす安倍政権に改憲を言う資格はありません。今、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」を3000万筆を目標に進めています。

北広島九条の会も署名の取り組みを進めてきましたが、2018年3月31日、50人を超える市民のみなさまのよびかけで「9条改憲NO! 3千万署名をすすめる市民アクション・北広島の会」が発足しました。「北広島の会」は署名目標を15,000筆としました。
北広島九条の会は「9条改憲NO! 3千万署名をすすめる市民アクション・北広島の会」の事務局として奮闘します。

「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が10月23日に発表したアピール「安倍9条改憲NO!全国市民アクションから呼びかけます。『署名活動強化集中期間10/26-11/3』『11・3国会前大行動』」こちらでご覧になれます。
9条改憲NO!の声をさらに大きく広げましょう。

署名用紙はこちらからどうぞ。
ネット署名も可能です。ネット署名は、こちら(☚click)から

11月9日・19日、午後1時から1時20分まで、原水爆禁止北広島協議会(北広島原水協)が行う「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名(ヒバクシャ国際署名)」「日本政府は核兵器禁止条約に参加を」の署名宣伝にも協力します。
北広島原水協の署名宣伝は、コープさっぽろエルフィン店前または東光北広島店前で行われます。

連絡先:梁川(☎375-9600)

12月9日(日)  午後6時~8時(開場:午後5時40分)
         札幌市厚別区民センター・大ホール  参加費:500円(学生無料)
                      主催:戦争させない市民の風・北海道
                         市民と野党の共闘を求める5区の会

市民と野党の共闘をすすめて3年!<市民が変える・政治を変える>市民集会

第一部:講演 <市民政治>が切り拓く未来
    佐々木寛さん(市民連合@新潟共同代表・新潟国際大学教授)
第二部:対談 佐々木寛さん × 
       川原茂雄さん(戦争させない市民の風・共同代表・札幌学院大学教授)

2015年9月19日、「安保法制(戦争法)」が強行可決された国会周辺では、集まった
市民から「野党は共闘!」の声が沸き起こりました。
その声は、またたく間に全国に広がり、2016年衆議院北海道五区補欠選挙にも大きな
影響を与えました。
以来3年、市民と野党の共闘の運動は、ここ北海道でも大きく広がり展開していきま
した。
2016年の参議院議員選挙や新潟県知事選挙で市民と野党の共闘に取り組んで成果を上
げた「市民連合@新潟」の共同代表である佐々木寛さんをお招きして、
これからの運動の展開について一緒に考えていきたいと思います。

連絡先:梁川(☎375-9600)

2019年1月22日(火) 広葉交流センター(いこ~よ)    午後1時30分~

「まなび座」、新しいテキストでの学びあいがスタートしました

2か月に1回の「まなび座」、11月19日は9名のみなさまにご参加いただきました。初めて参加された方が2名いました。
憲法改正の議論の論点が説得力を持って書かれていて、参加者一同積極的に意見交換しました。

どこから読んでもわかりやすいテキストです。
初めての方も、気軽にご参加ください。

テキスト:「『改憲』の論点」 集英社新書

<テキスト紹介>

木村草太 青井未帆 中野晃一 西谷 修 山口二郎 杉田 敦 石川健治 柳澤協二  著

憲法改正でアメリカの言いなりになる!?
「自衛隊明記」がまずい本当の理由
最強の論客が8つのテーマで解説!

「自衛隊明記」「二項削除」「リベラルの側からの新九条論」……。憲法改正をめぐる議論は混迷の度合い を深めている。しかし九条改憲の本質は、平和を求めてきた日本の戦後の否定そのものだ。本書では安倍政権の「憲法破壊」の動きに対して異議申し立てをしてきた「立憲デモクラシーの会」の主要メンバーが、もっとも重要な論点を解説する。八つのポイントに整理してわかりやすく示した、日本国民全員のための必読書。

連絡先:鳥居(☎372-4823)