ニュース一覧

6月例会  「憲法の話」 3回連続講座 第1回目  「日本国憲法はこうしてできあがった」

6月10日(日)団地住民センターにおいて、34名の市民の皆さまの参加で、第69回例会を開催しました。
講師は、弁護士の作間豪昭さん。憲法応援団の副団長をされています。
演題は、「日本国憲法はこうしてできあがった」。「憲法の話」3回連続講座の第1回目です。


 作間さんは、ポツダム宣言受諾(終戦)から日本国憲法が制定されるまでの経緯を時系列で説明、その上で「日本国憲法は押しつけ憲法」との意見について実際はどうだったのかを解説しました。

 「紆余曲折はあったが、結果的にGHQのマッカーサー草案に基づく起草となったことは内政干渉にあたり、期間的にも拙速な憲法だ」という意見があります。
 しかし、日本はポツダム宣言を受け入れており、“天皇主権の廃止、民主主義的傾向の復活”という連合国の要求に従う義務があったこと、マッカーサー草案には日本の民間の憲法改正案を参照した内容もあり現憲法に近いイメージが国民の意識に共有されていたと考えられること、また、戦前にはなかった女性参政権のもとでの普通選挙制の実施によって選出された国会議員による自由な審議を通過し可決されたものであることなどから、「押しつけ」という評価は一面的ではないか、と述べました。


 中盤の「憲法改正クイズ」では、環境権の保障のためには憲法の改正は必要か?(〇 or ✖)などのクイズが出されましたが、逆に会場から質問や意見が相次ぎ、ヒートアップして参加者からストップがかかる場面もありました。
 憲法改正の必要性の有無については、基本的な考え方として、立憲主義(憲法とは権力を縛るものであるという考え方)の立場に立ち、「権力の権限を拡大する場合には憲法に書き記す必要がある(改正が必要)」、一方「個人の権利については、人権を認める方向で拡大解釈は可能(改正の必要はない)」と話されました。

 最後の質疑応答では、来日したベアテ・シロタ・ゴードン(*)さんの講演会を聞いたという参加者の方から、ベアテさんの「“押しつけ”とは、悪いものを渡したときの表現、私たちは当時世界的に最先端のよいものを手渡したのだから“押しつけ”ではない」という言葉を紹介していただき、腑に落ちる思いがしました。


 終わりに、作間弁護士は「『憲法改正をいう人は何を目的としているのか』を見極めることが重要です」と強調して話を締めくくりました。


ベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon, 1923~2012)
日本国憲法第24条(家族生活における個人の尊厳と両性の平等)の草案を執筆した事実が1990年代になって知られるようになったアメリカ人女性です。
ウィキペディアによる説明はこちらからご覧になれます。
岩波ブックレット「ベアテ・シロタと日本国憲法 父と娘の物語」(2014)はこちらに紹介されています。

 

講演レジュメは、こちら(☚click)からご覧いただけます。
(なお、レジュメに「1945年8月15日終戦 = ポツダム宣言受諾」と書かれていますが、ポツダム宣言受諾日は8月14日です)


2018年06月15日

7月例会① 第33回平和集会(札幌)に参加

1937年7月7日、中国・北京郊外の盧溝橋付近で夜間演習中の日本軍が中国軍に攻撃されたとしたことをきっかけに、日本は1945年の敗戦まで侵略戦争を推し進めてきました。

その盧溝橋事件から81年目の7月7日、「今、選び取る憲法9条」をテーマに「第33回7・7平和集会」が行われました。会場いっぱいの171名が参加し、北広島九条の会からは14名が参加しました。(毎年、札幌で行われている平和集会に、北広島九条の会は例会の位置づけで参加しています)

集会実行委員長の今橋直さん(青年法律家協会)が開会の挨拶を述べ「今、民主主義の根幹を揺るがす事態が次々に起こっています。私たちは早急に何をしていけばよいのかを、本日の集会で考えあいたい」と呼びかけました。

最初に現職の中学校教師の平井敦子さん(子どもと教科書北海道ネット21)からの特別報告①がありました。テーマは「道徳の教科化で現場は今」


平井さんは「今までも道徳の授業は、副読本を使っていました。年間35時間という授業時間数も変わりません。何が変わったかというと、道徳が『教科』に格上げされることになり、これまで現場の教員が選んでいた副読本を教育委員会が選ぶことになりました」と言います。

 

そして「いじめ問題が頻発し、これに端を発して道徳の教科化が図られました。政府が現在国民いじめをし、過労死問題が解決されずにいる中で、子どものいじめ問題に首を突っ込んできても何の好転も望めません。それどころか、道徳を成績表で評価する、個々人の心の在り様に政府が介入する、これは政府が意図する都合のよい人間像に児童・生徒をあてはめようとするものであるということに私たちは危機感を持っています」と現場の教師の苦悩を語りました。

次に法政大学教授の山口二郎さんが「憲法と民主主義の危機を乗り越える」というテーマで講演を行いました。

 

「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の世話人でもある山口さんは、戦後日本の出発点と戦後日本の枠組みについて振り返りながら、今、日本政治が大きな危機に直面していることについて詳しく語りました。そして「アベ化」と言われるアベ政治を「自己愛の強い幼児的リーダーシップの跳梁跋扈」「批判に対する耐性の消滅」「虚言・デマをためらわない。ウソがばれても恥ずかしくない」「事実と虚構の区別ができない反知性」と特徴づけました。

 

安倍政権の下で進む憲法と民主主義の危機に対して「憲政と平和国家を取り戻そう」と呼びかけ、2019年参院選では野党と市民の共同を強め、改憲勢力が占める3分の2を割るたたかいが必須であると述べました。

 

次に、特別報告②として「植村裁判を支える市民の会事務局長」の七尾寿子さんから「歴史修正主義を許さない~植村裁判判決へ~」の訴えがありました。
札幌地裁での判決が11月9日になったと報告されました。

 

最後に、「第33回7・7平和集会声明」が本庄十喜さん(北海道歴史研究者協議会)から読み上げられ、満場の拍手で確認しました。

2018年07月09日

7月例会② 「憲法の話」3回連続講座 第2回目 「緊急事態条項及び国民投票」

7月8日(日)団地住民センターにおいて、30名の市民の皆さまの参加で、第70回例会を開催しました。
講師は、弁護士であり憲法応援団として活躍されている齋藤耕さん。北広島九条の会では以前からお世話になっており今回が三回目の講演です。
演題は、「緊急事態条項及び国民投票」。「憲法の話」3回連続講座の第2回目です。


 まず、齋藤弁護士は安倍政権の暴走の経緯を振り返りました。
2013年8月、安倍政権は内閣法制局の人事に慣習を破って介入し、集団的自衛権の行使容認の持論を持つ当時フランス外交官だった小松一郎氏を長官に据えました。そのためこれまで一定の権威を持ち集団的自衛権の行使を認めてこなかった内閣法制局のチェックが利かなくなりました。また、国家安全保障会議の議決権を、全国務大臣から総理大臣、外務大臣、防衛大臣に換え、一部の閣僚の判断で安全保障の政策に関して決められるように変えました。
その後は周知の通り、特定秘密保護法、安保法制、共謀罪等の審議なき強行採決が行われ、改憲に意欲を燃やす安倍内閣の下、今年3月自民党改憲4項目が報告され現在にいたっています。


 次に、「緊急事態条項」についてお話がありました。
「緊急事態条項」とは、「国家緊急権」に基づく条項で,これはかつてナチス政権で濫用されたものであり、明治憲法下での「戒厳令」と同様の規定です。極めて乱用の危険が高いため日本国憲法ではあえてこの条項を入れなかったという解釈もあるということです.
2018年3月25日発表の自民党改憲案は、緊急事態の条件を自然災害に特化したかのように見せかけていますが、後々法律によっていかようにも変えられる余地を残しており、危険性は2012年自民党改憲草案のものと変わらないということです。
そもそも現行の憲法(第54条)や法律(公職選挙法、災害対策基本法等)で対応可能でこの条項を加える必要性はなく、災害救助に関して言えば熊本地震の教訓のように、現地の状況が分からない国からのトップダウンはかえって弊害をもたらすことになりかねません。


 続いて、もう一つのテーマ「国民投票」についてその手続きの流れと危険性について教えていただきました。
衆参両議院の総議員の3分の2以上の賛成を得た後、国民投票にかけられますが、国民投票法には国会発議から国民投票までの期間は60日~180日の間という規定があり、最短で国会発議から2か月後に国民投票の可能性も考えられます。この国民投票法は、投票運動に関する規定、有料広告宣伝活動に関する規定また投票方法に関する規定についても多くの問題点があります。資金力に勝る改憲派の有料広告が垂れ流され、犯罪成立規定があやふやなため投票運動は萎縮しがちな中、国民に考える暇を与えずに迎える国民投票。また、最低投票制度のない投票結果は本当に国民の承認があったということになるのか。この国民投票法に関しては、日弁連でも2014年に問題を指摘する会長声明(講演レジュメ 7ページ参照)を出しているということでした。

 齋藤弁護士のお話の後、少し長い質問時間を取り、さらに理解を深めました。


 最後に、齋藤弁護士は、天皇、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員はこの憲法を守る義務があり、そして私たちは守らせる努力をしなければならないと強調して、話を締めくくりました。
私たちは、選挙において安倍改憲にNOの審判を下すともに、考えうる限りの手段で民主主義を守る努力をしなければならないと改めて感じるお話でした。

講演レジュメは、こちら(☚click)からご覧いただけます。

2018年07月13日

第9回「北広島戦争遺跡を巡るバスツアー」実施

8月11日(祝土)、今年9回目となる「北広島戦争遺跡を巡るバスツアー」を行いました。
北広島市の福祉バスを利用しての半日バスツアーでした。29名の方が参加されました。

 

主な見学場所を、ご紹介します。
それぞれの戦争関連遺跡についての説明は、こちら(☚click)からご覧いただけます。

1936(昭和11)年の陸軍特別大演習を記念した「聖蹟記念碑」

 

旧島松駅逓所付近にある防空壕

 

 

広島神社の忠霊塔

 

囚人が掘ったアオンボ川(共栄幹線排水路)

 

北広島陸軍通信所跡地、地下壕・トンネル跡

 

 

開拓記念公園の「被爆石」

 

「平和の灯」モニュメント

 

<参加された方からのご感想>

今回のバスツアーに参加された方からの感想を紹介します。

雨の予想を裏切りまずまずの天候の中、9時20分、団地住民センターから「第9回北広島の戦争遺跡を訪ねて」の旅が出発しました。ガイドはベテランの松島共同代表です。
今年も、「北広島九条の会戦争遺跡巡り実行委員会」による確かな検証の資料をもとに13か所(内3か所はバスを止めず車窓からの観察)の戦争遺跡を巡りました。

松島氏の説明の中で何度も出てきた言葉は、「囚人」と「強制連行された朝鮮人」でした。彼らはお金もかからず、なおかつ生命を落としても何ら問題になることのない人たちだったのです。
また、かなりの数の「タコ部屋」が存在していたとのことです。元受けの約35%の賃金で働かされていたことも分かっています。

戦争の遺跡では、大元帥である天皇の足跡が大きく刻まれていたこと、終戦間際の軍部の秘匿作戦の様子、住民みずからの命を守るため必死に作った防空壕の跡などを見ることができました。

そして、現在では自衛隊がもと来た道を戻りそうなことと国民の安全がしっかりと確保されていないことが浮き彫りにされました。何度参加しても、その都度、私たちは、現在の憲法を守るために、「九条を守るために」更に頑張らなければとの思いをもって、遺跡巡りの旅を終えました。

 

<トピック>

①聖蹟記念碑前で、大学生と遭遇

自転車で北海道内の戦争関連の遺跡を見学している東京の大学生と出会いました。若い世代が一人で平和の旅をしていることに参加者一同、感動しました。

②北広島市もがんばっています

バスツアーが行われたこの日、JR北広島駅隣のエルフィンパークで「きたヒロシマ平和展」が行われていました。会場では広島原爆のキノコ雲や原爆投下後の惨状など約30枚の写真パネルが展示されていました。そして、平和都市宣言30年を記念して、市内の小中学校の児童・生徒による平和標語1200点も掲示されていました。






 

今年は北広島市が1988年4月1日に平和都市宣言をして30年。1996年9月1日「平和の灯公園」に広島市の「広島平和記念公園」にある「平和の灯(ともしび)」を分火し、1998年2月26日「平和の灯を守る市民の会」が発足して20年。そして、2008年4月1日「平和首長会議」に加盟して10年の節目の年になります。

北広島市の平和推進活動は、こちらからご覧いただけます。

 

2018年08月15日

NEW! 「九条だより」2018年9月号(129号)掲載

「九条だより」2018年9月号(129号)を発行しました。

会員の皆さまには、ハードコピーをご自宅にお届けしておりますが、HPご覧の皆さまは、下記をご参照下さい。

最新の129号(2018年9月1日付け)は こちら (☚click)でご覧になれます。

<129号の主な記事>

1)ご案内(スケジュールのページで、詳しくご案内しています)
  9月例会:9月8日(土)憲法の話(最終回)「日本国憲法の三つの特徴」
  9月署名宣伝行動:9月9日(日)・19日(水)

2)「安倍9条改憲NO!市民アクション」全国統一署名
  北広島市では6千筆に達する。 秋の臨時国会にむけ3000万筆めざしてさらに。

3)活動報告
  8月例会報告「北広島の戦争遺跡を訪ねるバスツァー」

2018年08月27日