「9条改憲NO! 3千万署名をすすめる市民アクション・北広島の会」が発足しました

3月31日(土)、広葉交流センターにおいて80名近くの市民のみなさまが参加して、「9条改憲NO! 3千万署名をすすめる市民アクション・北広島の会」発足のつどいが行われました。

 

司会は、安保関連法に反対するママの会の佐々木百合香さん。


最初に、共同代表の遠藤潤司さんが、教師時代の経験を語りながら「9条改憲を絶対に許してはならない」と開会あいさつを行いました。


「記念のお話」は、38歳、新進気鋭の弁護士橋本祐樹(ゆき)さん(北海道合同法律事務所)。テーマは「~今からでも遅くない~9条改憲入門講座」
参加者と一緒に、9条改憲のヤバさを考えあう、双方向型の楽しくわかりやすいお話でした。そして、お話の後には、コントと歌もありました。


自民党憲法改正推進本部は、現行憲法9条2項を維持したうえで、新たに9条の2を新設し、「自衛隊」を明記する方向で取りまとめる方針を決めました。3月25日の党大会では、条文案の作成は推進本部長に一任するという状況まで来ています。
橋本さんは、自民党9条2項改正案について、これまで出てきている3つの案について説明し、9条2項維持案でも、9条2項が死文化・骨抜きにされることをわかりやすく語りました。


そして、憲法に自衛隊を書き込めば、①軍事予算の増大、②敵国のミサイルが飛来する前の敵基地攻撃能力の保有の正当化、③軍事的公共性による基本的人権の制限、④徴兵制の合憲化ないしは経済的徴兵制の導入、⑤自衛隊の本来任務がどんどん外向きになり災害援助活動が後回しになる事態が起こると言います。
そして、自民党幹部の言葉を引いて、9条改憲を行った後に2項を完全に削除することを自民党は狙っていると断言します。


橋本さんは、北朝鮮脅威論について、現実の北朝鮮の動きをリアルにとらえた上で、「北朝鮮脅威論は、9条改憲を実現するために危機感を煽る(あおる)道具とされている」と強調しました。



最後に、まとめをかねて、「9条改憲NO! 3千万署名」を進めていく上で以下のことが大事だと語りました。
①改憲論議について、「自衛隊の存在を書き込むだけだから9条2項は変わらないという説明のウソ」や「9条改憲のその後が狙われている」ことを一人でも多くの人に知らせる。
②北朝鮮脅威論は歴史と事実にもとづかないことを理解し、北朝鮮脅威論が改憲の口実として使われることを防ぐ。


9条改憲のヤバさをシミュレーションしたコント「近未来予想図」、9条改憲のヤバさを歌
った「時代~こんな時代にしないために」(中島みゆきの歌の替え歌)を、参加者みんなで、笑い、楽しみながら、「こんな時代にしてはならない」と誓い合いました。
「トークあり、コントあり、歌あり」の型破りライブでした。

 


「会」の呼びかけ人の方を中心に、市民のみなさま5人から一言メッセージがありました。
また、呼びかけ人の道議会議員・市議会議員を代表して、小岩均道議会議員が、あいさつされました。


共同代表メンバーを代表して柘植純一さんが、内外の情勢に触れながら「『9条改憲NO! 3千万署名』を力を合わせて進めていこう」と、力強い閉会あいさつをされました。



<事務局報告>

署名目標は15,000筆(現在約2,500筆)とします。
北広島九条の会が「会」の事務局を担います。

当面の署名行動日程は
スケジュール(☚click)のページからご確認ください。


橋本祐樹弁護士のお話レジュメはこちら(☚click)からご覧になれます。
橋本弁護士が歌った「時代~こんな時代にしないために」(中島みゆきの歌の替え歌)の歌詞も載っています。

2018年03月28日